B型肝炎とは

B型肝炎とはB型肝炎ウイルス、通称HBV(Hepatitis B Virus)に感染することによって起こる病気です。
血液や体液によって感染をするため、日常生活の中では感染をしません。
一昔前は母子感染や集団での予防接種での注射針の使い回し、輸血の血液からといったものが感染の原因とされていました。
しかし、最近では注射針の使い回しが禁止されたり献血の血液の検査の徹底、母子感染予防策といったものが講じられるようになりこれらが原因での感染はほとんどなくなりました。
現在問題となっているのは、日常生活でのカミソリや歯ブラシの使い回し、刺青やピアスの施術針や麻酔針の使い回し、性行為といったものが原因での感染がほとんどです。

症状が現れないまま治癒することもありますが人によっては長期間にわたって持続的に症状が続くこともあります。
多くの場合、その症状が疲れやすさや食欲不振といった軽いものであるために肝炎であることに気付かず過ごしています。
血液検査で気付いて対策を講じることができれば良いのですが、気付かず素通りしてしまっていると急激に悪化をしてしまったり、数十年の時間を経て肝硬変や肝ガンに発展してしまう可能性もあります。
そのため、自分がウイルスを持っているのか、また事前にB型肝炎を疑うべき症状についても知っておく方が重症化する前に対策を講じることができるため大切なことなのです。
そこで、ここではB型肝炎の症状と予防策について紹介をしていきます。



◎管理人推奨外部リンク
B型肝炎の給付金請求に関する訴訟手続の流れを解説しているサイトです … B型肝炎 訴訟手続

Copyright © 2014 B型肝炎の症状について All Rights Reserved.